YOSHIKI X JAPAN が奏でる洋楽【歴史に残る名曲5選】

X JAPAN は世界のアーティストに影響を受けながら誕生した経緯があります。

度々ライブにおいても名曲びカバーを披露してきました。

ここでは主にYOSHIKIさんが披露したロックの原曲をまとめました。

YOSHIKI X JAPANが奏でる洋楽【歴史に残る名曲5選】

近年ではYOSHIKIさんのクラシックコンサートでもロック音楽のカバー曲をピアノ演奏で聴くことが出来ます。

X JAPANは、KISS(アメリカ)、アイアンメイデン(イングランド)などハードロックの影響を受けつつYOSHIKIさんのルーツであるクラシックがサウンドの要素となっています。

X 時代に演奏していた楽曲が、イギリスなどヨーロッパのバンドであったことも興味深いです。

『ボヘミアン・ラプソディ』(Bohemian Rhapsody)

2018年に映画公開もされたクイーン (Queen) は、イギリス・ロンドン出身のロックバンドです。

YOSHIKIクラシカル2018の公演時期だったため、クラシックコンサートにおいてピアノ演奏されました。

また、2017年3月に開催された英国ロンドンのウェンブリーアリーナでも一部が演奏され、英国民の大合唱がアリーナを響き渡ったことも印象的でした。

「20センチュリー・ボーイ」(20th Century Boy)

これは T・レックス (T. Rex) というイギリスのグラムロックバンドの有名な楽曲です。

おそらく多くの人が耳にしたことのあるギターサウンドなのではないでしょうか。

X時代に大魔神5人組と称してライブ中に、メンバーが楽器を交代して演奏されたことも今となってはとても貴重です。

YOSHIKIさんがhideさんのギターを持って会場を駆け巡るシーンが印象的でした。

「アナーキー・イン・ザ・U.K.」(Anarchy in the U.K.)

セックス・ピストルズ (Sex Pistols) は イギリスのパンクロックのバンドです。

X としての演奏ではなくYOSHIKIさんが結成したX を含む当時無名ながらも無敵だったというバンドを集めた超大型バンド「無敵バンド」によって演奏されました。

お正月のテレビ番組でも放映されてお茶の間をビックリさせて楽しませてくれた記憶があります。

「HURRY GO ROUND」(ハリー ゴー ラウンド)

hideさんソロ(hide with Spread Beaver)の楽曲です。

YOSHIKIさんのピアノ演奏と亡きhideさんの歌声がミックスされた演奏シーンがインスタグラムなどで公開されて話題を呼びました。

涙ながらにピアノを奏でたYOSHIKIさんの姿が印象に残ります。

Hoppipolla

2018年YOSHIKIさんがヨーロッパ訪問の際にインスタグラムの中で演奏していた楽曲です。

印象的なピアノの旋律がシガー・ロスらしい代表曲のひとつです。

シガー・ロス(Sigur Rós)はアイスランドのバンドです。

世界を駆け回るYOSHIKIさんとX JAPANのルーツを追ってみました。

YOSHIKI CLASSICAL 2018
PATA ギターソロ 厳選
TAIJI スタイリッシュなベーシスト
HIDE 伝説のギタリスト 代表曲
hide ソロ代表曲
hideが選んだ洋楽
YOSHIKI X JAPAN が奏でた洋楽

X JAPAN まとめ記事一覧

X JAPAN について書いた記事をまとめました。
メンバーの個性に合わせて楽曲を紹介しています。
さまざまな角度から X JAPAN の音楽性について触れられます。

I have compiled the articles I wrote about X JAPAN.
Introducing songs that match the individuality of each member.
You can experience the musicality of X JAPAN from various angles.