サンフランシスコ一人旅 vol.5【SFに行くべき10の理由】

san francosco

サンフランシスコは海外旅行の入門に適した街として知られています。

自分らしい旅をするために、旅人目線でサンフランシスコに行くべき理由をまとめました。

サンフランシスコ一人旅 vol.5【SFに行くべき10の理由】

san francosco

San francisco

徒歩圏内に観光スポットが多く、見どころ満載のサンフランシスコ。

どう歩いたら個性的な旅になるのか、といったところに焦点を当てています。

記事の最後には一例として一人歩きでも安心なルートを記載しました。

サンフランシスコに行くべき理由

  1. 交通網が発達している
  2. 治安が比較的に安定している
  3. 旅行者が多い
  4. アメリカなのに車がいらない
  5. 地中海性気候で快適に過ごせる
  6. オープンなカルチャーが根付いている
  7. 都市でも自然が豊かである
  8. 先進的なショップや飲食店がある
  9. 郊外に行きやすい
  10. 観光スポットが多い

サンフランシスコは主に10の理由で旅に適した街だと言えます。

1. 交通網が発達している


坂道に代表される名物のケーブルカーをはじめ、MUNI(ミュニ)と呼ばれるバスや路面電車、地下鉄(BART)がとても発達しています。

この公共交通機関をうまく活用できればサンフランシスコ市内は徒歩で充分に楽しめます。

むしろローカル気分を味わう絶好のチャンスと言えます。

また、坂道は多いですがレンタサイクルなどでゴールデンゲートブリッジを渡って対岸にあるサウサリートという小さな町へ足を伸ばせるのも魅力です。

2. 治安が比較的に安定している

San Francisco

San Francisco

サンフランシスコに限らず危険区域がはっきりと認識できるのもアメリカの特徴と言えます。

渡航先の危険区域については事前にガイドブックなどをみて把握しておけば問題ないレベルです。

ただ例外的に夜中や日中でも雰囲気がおかしいところへわざわざ行かないように注意を払う必要性はあります。

3. 旅行者が多いので安心感がある

サンフランシスコは世界中の人が集まる観光都市なので活気があって刺激も多いです。

ワイルドな印象を持つ一人旅でも、わりと和やかに肩の力を抜いて楽しめるはずです。

4. アメリカなのに車がいらない

公共交通機関がサンフランシスコ市内を網羅しているおかげで車いらずです。

もしレンタカーを使用する場合は郊外へ足を伸ばすときに活用すると良いです。

また日本では考えられない程にドライバーのマナーが良いです。

歩行者への配慮や優先に対する意識の高さは見習いたい習慣です。

5. 地中海性気候で快適に過ごせる

San Francisco

San Francisco

寒すぎず暑すぎない快適さのサンフランシスコ。

ただし霧と風の影響が大きくて思った以上に〝寒い〟と感じると思います。

夏でも上着が必要になるので脱ぎ着しやすい服装が適しています。

6. オープンなカルチャーが根付いている

いつの時代も流行がいくつも発信され続けています。

アートや音楽、学問やファッション、同性愛者の文化や健康志向のグルメだけでなく政治に対する意識はとても高いといえます。

7. 都市でも自然が豊かである

オフィス街を離れると自然の多さに気付きます。

都市と緑が自然に一体化しているかのような街並は散策していると心地良い気分になります。

8. 先進的なショップや飲食店がある

サードウェウーブと呼ばれるコーヒーショップなど常に新しい文化を発信しているサンフランシスコ。

街歩きに慣れてきたら地元住民の流行りの店をチェックすると良いです。

この街で流行ったものはほぼ確実に遅れて日本にやってきているので、そういった感覚が研ぎ澄まされて敏感になっていく自分を感じることができるようになるかもしれません。

9. 郊外に行きやすい

近場ではバークレー、少し足を伸ばせばヨセミテ国立公園やワインカントリーで有名なナパバレーがあります。

雄大なカリフォルニアの景色を満喫するなら郊外へ出かけるのもおすすめです。

10. 名物の霧が幻想的

San Francisco

San Francisco

サンフランシスコの気候は霧と風によって変わります。

霧で視界が悪くてもワンブロック先へ歩みを進めると急に晴れて視界が開けることもあります。

深い霧に姿を隠しつつ片鱗だけが顔を出しているゴールデンゲートブリッジは観光写真でよくみかけます。

霧を悪天候と捉えずに名物となっているところもサンフランシスコらしいです。

旅人的な街歩きルート具体例

【SFMOMA→ミッション地区の散策→オーシャンビーチで夕陽をみる】

観光スポットを抑えつつローカルを味わうコース例です。

目的はサンフランシスコを安全に練り歩いてローカル気分を満喫することです。

まずは最先端のアートに触れます。

そのあとにピザで腹ごしらえして、ミッション地区の公園で地元住民に混じってのんびり過ごします。

ミッションの流行りのカフェに立ち寄って、近年有名なダンデライオンチョコなどでお土産を探します。

最後にオーシャンビーチへ西海岸の夕陽を眺めにいくというコースです。

以下のこの地図は単純な徒歩ルートの検索結果です。

サンフランシスコの規模が分かります。

これに公共交通機関を組み合せると、よりいっそうオリジナリティのある旅になります。

旅におすすめする旅人目線のサンフランシスコ。

わりとリラックスした状態で散策できるのがサンフランシスコの魅力です。

旅慣れた人はもちろん、一人旅や海外旅行が初めての人でも旅をしやすい海外です。

SFオーシャンビーチでサーフィン
観光名所のサーフポイント
日帰りサンタクルーズ
一泊二日サンタバーバラ
SFに行くべき10の理由
SF周遊・街歩きルート解説
ミッション地区限定スポット
7月4日アメリカ独立記念日
SF危険度・体験談まとめ
バークレー BERKELEY

サンフランシスコ一人旅【旅行記まとめ】

サンフランシスコ一人旅した時の記録をまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です