旅に最適なカメラとは?【カメラを厳選する3つの理由】

旅の必需品カメラ。

とくに自由の利く一人旅であればカメラの選択は拘りたいです。

旅の楽しみの一つ、カメラ選びについてです。

旅に最適なカメラとは?【カメラを厳選する3つの理由】

世の中には本当にたくさんのカメラがあります。

旅行に最適なカメラとは?

基本的には直感で好きなカメラを選べば良いのですが、より良い写真を残したかったり後悔しないためには意図を明確にすべきです。

「このカメラにしておいて良かった」と旅の後に思えるカメラを選ぶということです。

iPhone など気軽に撮れて気軽にSNS投稿できるカメラは定着しました。

どんなカメラを選ぶにしても上記の理由に沿って厳選すると撮れた写真に愛着が湧きます。

理由その1:目的に見合ったカメラを選ぶと納得いく写真が撮れる

写真にこだわりたい → 高スペックのカメラ

カメラにこだわりたい → 軽量のカメラ

カメラにこだわらない → 性能の良いスマホ

たとえば、旅行目的でスナップ写真であれば携行しやすい小型のカメラが適していると言えます。

どんどんスペックも向上して小型でも充分な解像度を誇るカメラが次々と誕生しています。

カメラに搭載されているセンサーの精度も向上して高画質の写真を撮ることは誰にでも出来ます。

小型化して軽量化されて、画質は向上する一方。。

つまりこれからカメラを購入するならどんなカメラを選んでもOK!

ところが!

メーカーごと機種ごとに比較しても、どのカメラも同じように見えてしまう。。

よほどカメラ好きでないかぎり、結局は予算に見合ったカメラを選ぶしかない人の方が圧倒的に多いんです。

じつはそれがカメラ離れに繋がり、カメラ選びを難しくしているのです。

しかもスマホ性能が格段に向上してデジタルカメラ市場を圧巻しているのは火を見るよりも明らか。

手軽でお洒落に撮った写真はSNSでシェア。

これを目的とした場合の最適なカメラとは?

極端にいうと答えは スマホ という結果になってしまいます。

フィルム時代に比べるとカメラ選びの楽しみは消えてしまいました。

失敗のリスクも軽くなり〝使える〟写真は撮りやすいです。

けれどカメラにこだわりたかったり、写真の表現を追求しようと思ったらスマホでは限界があります。

場合によってはフィルムカメラが選択肢に入っても良いのです。

プリントして額装したい → 高画質のデジカメ、フィルムカメラ

SNSでシェアしたりモニタでみたい → デジカメ、スマホ(いずれも高スペックな方がベスト)

いまは解像度が高くてフィルム時代を凌ぐ高精細な写真を撮ることができるので、失敗が少なくて納得のいく写真が撮りやすい。

大きなカメラが必要だったフィルムカメラ全盛期は、機動性が悪いのでスナップ写真には不利でした。

大型カメラ特有の高精細な写真を求めた場合を除いて、旅行が目的なら小型カメラが最適だったわけです。

フィルムカメラの時代は避けて通れない条件でした。

理由その2:カメラのメカニズムと写真技術は習得したほうが撮れる写真の幅が広がる

撮影にかける時間を少なくして良い写真を残せることが一番です。

つまりは旅に持ち歩くカメラは使い慣れたものの方が効率的で、撮影技術を知っていた方が写真の幅が広がりますよ、ということです。

写真の知識があること → 良い写真を撮れる可能性が高くなる

カメラの設定なども知っておく → 効率がいい

これは高機能なカメラだけでなく、iPhoneなど手軽なカメラでも同様に言えることです。

理由その3:愛着のあるカメラの方が結果的に想い出に残る

完全に自己満足の領域になります。

カメラにそれほど興味のなかった人でさえも「少しくらいカメラにこだわればよかったなぁ」というようなことをたびたび耳にします。

とくに一人旅だとは自分自身と向き合う時間も自然と多くなるので、良きパートナーとなるカメラを選択すべきです。

一緒に旅したカメラとして想い出に残ることは間違いないです。

そのカメラで撮った写真にも愛着が湧きます。

補足

渡航前に保険会社の方にアドバイスをもらったことがあります。

カメラなどは高価のものはやめておいて盗まれても良いものを持って行った方が良いと教えてもらいました。

正論ですが、それではつまらないので僕の場合は一番大切なカメラを持って行きました。

渡航先や旅のスタイルや撮影スタイルによって選択するカメラは違うかもしれません。

が、旅の質に関わることなので自分に合ったカメラを厳選して持って行くことをおすすめします。