クラシックカメラに最適なフィルムを厳選【目的別に解説】

アナログのクラシックカメラに最適なフィルムについてです。

撮影から現像〜プリントまでのプロセスが確立されているので、いったん覚えればデジタルにはない銀塩写真の世界を味わうことが出来ます。

クラシックカメラに最適なフィルムを厳選【目的別に解説】

クラシックカメラにおすすめするフィルムと仕上がりまでのプロセスです。

KODAK Tri-X 400

コダック・トライ エックス
Iso:400

モノクロ専用フィルムです。

多くの著名な写真家も愛用していて名作も多く信頼感が抜群のフィルムです。

感度400はフィルムとしては撮れる時間帯が長いということです。

真夏の日中のような明るすぎる状態だと絞り込めず、ボケを活かしきれないことがあります。

これを選んで間違いはなく、総じて今でも使いやすいフィルムです。

KODAK T-MAX 400 または 100(モノクロ)

コダック・ティーマックス
Iso:400 or 100

画質のシャープさ特徴のモノクロ専用フィルムです。

トライX は粒子感とは異なり、鮮明で綺麗といった印象の仕上がりを期待できます。

 Tri-X T-MAX どちらが良いか?

もしこの2択で迷った時は。。

まずは Tri-X です。
そして T-MAX を試すことをお勧めします。

そうして所有しているカメラとレンズに相応しいと思うフィルムを選ぶと良いです。

ILFORD Pan F Plus 50

イルフォード・パン・エフ・プラス 50
Iso:50

これもモノクロ専用フィルムです。

感度は50、撮れる条件がかなり限定されます。

つまりその分だけシャープで階調が豊かな仕上がりを期待できます。

このイルフォードというメーカーのフィルムは当たり外れのあるフィルムだと言われています。

具体的には、フィルムに異常があって綺麗に撮れていなかったり。。

商品としては、やや心配な面があることは昔から変わっていません。

絶対に外せない撮影の使用には不向きだと考えていますが、この画質を味わってしまうとリピートしてしまうフィルムです。

コダックとは全く違う印象なので試してみる価値は十分にあります。

KODAK PORTRA 400 または 160

コダック・ポートラ
Iso:400 or 160

カラーネガフィルムです。

発色が綺麗で最も使いやすい人気のカラーフィルムです。

フィルム全盛期の頃は、広告写真やファッション写真の業界でも頻繁に使用されていました。

プロカメラマンも認めた実力のあるフィルムです。

柔らかくもシャープな仕上がりで雰囲気の良い写真を期待できます。

ポジフィルムという選択肢

過去、広告業界で主流だったプロ用のフィルムです。

カラーフィルムの場合、このポジフィルム(リバーサルフィルム)が選択肢に入ってきます。

ポジフィルムは露出にとても敏感です。

そして撮影後の用途がかなり限られてきます。

そのため、よほど意図が明確でない限りは使用は控えた方が無難です。

趣味や遊びで使うには難易度が高くて、扱いにくいのがポジフィルムだと考えて良いです。

ポジフィルムのメリットは透明度。

スライドに適していてプリントには不向きです。

スキャニングしてデジタル化するのがお勧めです。

撮影から現像までの5ステップ

  1. アナログのカメラを準備する
  2. 白黒またはカラーネガフィルムをカメラに装填する
  3. 露出を決める
  4. 撮影する
  5. 現像はラボに依頼

 

銀塩写真の仕上がりはプリントがおすすめ

銀塩写真のいちばんの醍醐味は〝プリントされた写真〟です。

デジタル写真もプリントされた写真に仕上げることは可能ですが、フィルム写真の味わいとは異なります。

フィルム現像だけはラボ(写真屋さん)に依頼することになります。

大衆化していた同時プリントという概念で、質の良いプリントはラボにお任せすると良いです。

作品向けのこだわりプリントに仕上げるには相当な労力が必要になります。

完成度を高めたプリントは信頼のおけるプロラボに依頼すると納得のいく写真を手に入れられます。

おすすめの現像ラボ(プリントまで対応)

ラボテイク(恵比寿・東京)

http://www.labtake.jp/
白黒写真の現像とプリントなら抜群のクオリティです。

専門性が高いのでプロからの信頼も厚いです。

スタッフはみなさん気さくでやさしく相談にのってくれます。

メールオーダーも対応しているので、遠方からの依頼が可能です。

ポパイカメラ(自由が丘・東京)

http://www.popeye.jp/
東京・自由が丘の本店はフィルムやお洒落なグッズを多く取り揃えていて若い人でいつも賑わっています。

手ぶらでお店に行ってクラシックカメラ購入からカメラの扱い方を学べてプリントまで出来てしまうカメラ屋さんは貴重です。

本店での白黒やポジフィルム現像は外注になります。

遠方の場合は大分ラボでオーダーを受付ています。

まとめ

フィルムカメラの需要は減りました。

それでもデジタルにはない魅力があるから人気が途絶えないという認識だと思います。

デジタルカメラは性能や画質が変化し続けています。

それに比べて銀塩写真は水準そのものがすでに確立されています。

より良い写真とは何か?

カメラのスペックに依存しなくなると、写真を撮る意味について意識が向いていきます。

写真の本質を追求するにはクラシックカメラはまだまだ有効なのです。

そして、仕上がりを想像して、単純なわくわく感を楽しめるのがフィルムカメラの良いところです。