すぐに怒る人、怒りたくなる相手に困っている方へ【最善策とは】

家族、夫婦、恋人、友人、上司、同僚、部下、クラスメイト、先生、たまたま隣り合わせた見知らぬ人など、急に怒りを露わにする人に困る場合があります。
理由が何であれ、人間関係を良好に保つことがとても難しい状態です。
それが身近な間柄であるほど深刻さは増します。

怒りとは不満です。
まず怒っている人の心理状態は正常とはかけ離れた状態を理解する必要があります。

理由が何であれ、という意味ですが
自分が怒っている場面を思い出すと想像が容易になります。
怒っている場合でも、正常な判断で確信があって、何も間違っていないという主張がありませんか。

人が怒るのは、多くの場合は誠実さの表れです。
言い換えれば、真面目に生きている人ほど怒りやすい心理状態なのです。
普段おとなしい人が急にキレた状態になるのはこのためです。

怒りやすい人や怒っている人と一緒にいるのは本当に疲れますし、何よりも充実した楽しい時間を過ごすことが困難になります。
これを避ける必要があります。
自分自身が怒ってしまっている場合も含めて、誠実さを刺激するようなことはやめていきましょう。
意図的に刺激することは単なる嫌がらせであってイジメと変わりません。
見つめていきたいのは無意識に刺激している時です。
それに気づくだけで改善する関係性も多くあります。
態度や言葉づかい、接し方を見つめ直す機会と捉えてまず間違いはありません。

じつは怒っている人にも同じことが言えます。
どんなに正論であっても怒りたくなるようなことを引き起こしている場合もあるのです。

真面目な人同士の場合、事態が急変しやすい関係性だと考えた方が良いです。
どうしても関係性を持続させなければならないのであれば、誠実さを刺激し合わないよう気をつけることが最善の策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です