時間を奪われることを恐れている人へ【安心できる方法とは】

就職、結婚、進学、住居購入など、人生の大きな岐路や節目が億劫に感じていませんか。
または在職中や在学中、転職や離婚など方向転換を考えていませんか。
わだかまりを解消しないままに進むと必ず大きな問題となって目の前にやってきます。

時間を奪われることを恐れている人へ【安心できる方法とは】

小さい頃、日が暮れても夢中になって遊び、親に怒られるケースがあります。
無我夢中になるほど充実した時間を否定されたり、受け入れてもらえなかったことが大人になって潜在意識の中で残り続けることが原因です。

人生の岐路は多くの場合、自らの意思で選択することができます。
それが億劫に感じたりするときは潜在意識を探る必要性があります。
さもなくば問題をはき違える恐れがあります。
その結果、まったく予想しない方向へ展開して責任転嫁ばかりになります。

そうならないために。
先の場合、時間を奪われることを恐れているのですから、時間は奪われないことが確認できて安心出来れば良いのです。

そうは言っても未来に確証などあり得ません。
これは顕在意識の正論に過ぎません。
潜在意識を安心させるためには気づいたらその都度、安心させる言葉や行動を自分自身に投げかけるのです。

大きな岐路に立つことが出来ない人もいます。
人生の選択肢はより良い人生にするための大切な機会です。
不安や恐れの解消された状態で物事を見つめることをしてみましょう。

物事が本当に終焉を迎えている時期なのか。
本当は進むべき道なのか。
これは容易に判断できるものではありません。
このような時こそ潜在意識に思考を傾けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です