カーメル&モントレーの旅 vol.2【点在するサーフスポット】

Carmel Beach, California

カーメル&モントレー周辺のサーフポイントについてです。
自転車で一人旅しながらカリフォルニアに点在するサーフポイントをいくつかみてきました。
実際にカーメルビーチでサーフィンしたときの話にも触れます。

カーメル&モントレーの旅 vol.2【点在するサーフスポット】

Carmel beach at twilight

Carmel beach at twilight

アメリカ・カリフォルニア州の中部に位置する海辺の街カーメル&モントレー。
この周辺にはカリフォルニアを代表するクラシカルなサーフポイントが存在しています。
カーメル&モントレー周辺にあるサーフポイントを地図で北から南下するイメージでご紹介します。

モントレー周辺サーフポイント

Monterey Bay

Monterey Bay

モントレー周辺には昔から知られるサーフポイントがいくつかあります。
それほどサーフィンが盛んには見えない印象でしたが広く長く続くビーチと大海原はカリフォルニアならではの景観です。

マリーナシティビーチ/Marina City Beach


アムトラック鉄道が通るサリナス(Salinas)という街から海岸線にでるとマリーナ・ステート・ビーチ(Marina State Beach)に辿り着きます。
このポイントではサーフィンされることは少ないようです。

フォートオードビーチ/Ft Ord Beach

Ft Ord Beach, Monterey Bay

Ft Ord Beach, Monterey Bay


フォートオードデューンズ州立公園の中にあるビーチ。
マリーナシティビーチに似た雰囲気で豪快な大海原が広がります。
サーフィンというより景観を楽しむ方が良い印象です。
サイクリングロードや駐車場からアクセスができます。

デルモンテビーチ/Del Monte Beach

モントレーの街に隣接したサーフポイント。
綺麗な砂浜と真青な海が印象的なビーチでサーフィンに適したポイントと言えます。
北はサンタクルーズ、南はカーメル
さらに南は景観が人気のビック・サーといった名所が点在しているせいか
カリフォルニアにしては普通の落ち着いたビーチといった雰囲気。
この日は波もなく穏やかな海でした。

カーメル&モントレーの旅 vol.3【自転車一人旅】
モントレー周辺の観光地や見どころについて解説しています。

カーメル周辺サーフポイント

Carmel Beach

Carmel Beach

モントレーの街からカーメルの街へ行くには2パターンあります。
最短は車で10分程度ですが、モントレー半島を海沿いに走る17マイルドライブ(17-mile-drive)がおすすめです。
観光名所が点在するルートとして人気があり、古き良きサーフポイントを探しながら走るのも良いです。

サーフポイントとしての17マイルドライブ/17mile drive
ラバーズポイント(Lover’s Point)
ボーンヤーズ(Boneyard’s)
アシルマービーチ(Asilomar Beach)
サンドデューンズ(Sand Dunes)
スパニッシュベイ(Spanish Bay)

どのポイントも訪れた日は良い波は立っていませんでした。
その意味でカーメルビーチが最もポピュラーで条件が整いやすい印象です。

ラバーズポイント/Lover’s Point (17mile-d)


この周辺はパシフィックグローブという19世紀のコテージが立ち並ぶ独特な雰囲気の地域。
モントレーにほど近くキャネリーロウなどは自転車ですぐです。
撮影スポットとしても人気のあるこのリーフポイントはローカル御用達と言えそうです。

ボーンヤーズ/Boneyard’s (17mile-d)


地図上で正式名称として確認できないが、この付近のフーフィーが岩の多い海岸のポイント。
17マイルドライブから少し逸れる。
わりと危険なポイントのようで正確な位置は分からなかった。

アシルマービーチ/Asilomar Beach (17mile-d)


手つかずの自然の美しさが残るビーチのひとつ。
多くの旅行者も訪れる人気のビーチでもあります。
風向きを気にしつつ絶えることなく押し寄せる波をチェックすると良いです。

サンドデューンズ/Sand Dunes (17mile-d)

アシルマービーチとスパニッシュベイの中間に位置するポイント。
実際に波を見ないと判別は難しそう。

スパニッシュベイ/Spanish Bay (17mile-d)

Spanish Bay Sign

Spanish Bay Sign


古いワーゲンバスに乗ったサーファーガールたちがサーフィンしていたのが印象的。
17マイルドライブのルート上ではスパニッシュベイ~アシルマービーチがサーフィンに適したビーチと言えそうです。
カーメル&モントレーの旅 vol.6【17マイルドライブ】

カーメル・ビーチ/Carmel Beach

Carmel beach at sunset

Carmel beach at sunset

カーメル周辺でサーフィンが盛んなのはカーメルビーチ(Carmel Beach)です。
初心者からでも楽しめるカーメルビーチは砂浜が白くてコバルトブルーの海が綺麗なところです。
ロケーションが美しいので観光客で賑わいますが、落ち着いた大人の雰囲気といった感じです。

サーフィンするために海に入ると海水温がとても冷たく水量が多いことに気付きます。
波が小さめでも力強さがあって充分に楽しめます。

もしカーメルで海に入ってサーフィンをしようと思う場合はウエットスーツは必須です。
カリフォルニアの海は一年中、海水温が低くて冷たいためです。
サーフボードはレンタルしてくれるサーフショップもありましたが、現地で新しく新調しても良いかなと思います。

カーメル&モントレーの旅 vol.4【芸術の街カーメル】
カーメルの街についての記事です。

リトルサーリバーマウス/Little Sur Rivermouth


ビッグサー/Big Surの景観だけでも足を運ぶ価値のあるポイント。

カーメルビーチでのサーフィン

Pebble Beach Golf Links and Carmel Beach

Pebble Beach Golf Links and Carmel Beach

サンフランシスコから3日間という短い行程の中でカーメルの海に入りました。
日用品の他はウエットスーツとコンパクトカメラのみをバッグパックに詰め込んで自転車で訪れたカーメル。
現地のサーフショップ(リキッドサーフ)でサーフィンする機会を作ってトライできました。

Liquid surf shop, Carmel

Liquid surf shop, Carmel

冷たくて力強い波

Seashells, carmel beach

Seashells, carmel beach

率直な感想は、海は非常に冷たくて思ったよりもパワフル!

サンフランシスコのサーフィン経験があって認識していたはずでした。
日常生活の中では水泳でパドル力を落とさないようトレーニングを続けています。
それでも入念な準備と体力を維持することの必要性を実感しました。
カーメルでサーフィンしたことがモチベーションに繋がったと言えます。

カーメルビーチの気候はさわやかで最高

Carmel beach with high sky

Carmel beach with high sky

とにかく海水が冷たいのでウエットスーツを着用していても手や足や顔はすぐに冷えてしまいます。
それでも海から上がるとさわやかな気候が心地良いです。
白い砂浜は素足で歩くと〝キュキュッ〟と音が鳴ります。
朝陽に暖められた砂浜は冷えた身体に心地良いです。

サーフィンの本質

Carmel River State Beach

Carmel River State Beach

サーフィンはカンタンではないけれど、清々しい気分になれます。
上手く出来ないときは悔しい気持ちなのに、なんだか清々しい気持ちが混ざって
決して楽しくないキツい体験であったとしても充実した気持ちがこみ上げてくる。
サーフィンは不思議な魅力をもっていることあらためて体感しました。

Scenic Road, Carmel River State Beach

Scenic Road, Carmel River State Beach

カーメル&モントレーの旅 vol.1【おすすめの見どころ・まとめ】
まとめ記事でストーリー別に解説した記事へリンクしています。

View of Carmel beach with blue sky and sea

Vol.1 Carmel & Moterey

Carmel Beach, California

Vol.2 Surfing California

Monterey cycling road

Vol.3 Cycling Califronia

Carmel cityscape

Vol.4 Carmel-by-the-sea

Carmel Mission Garden

Vol.5 Carmel Mission

Lone Cypress, 17 mile drive

Vol.6 Great 17-mile-drive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です