サーファーガールが主役の映画【7選】

サーファーガールが登場するサーフィン映画をまとめました。

ビーチや海にいると華やかにみえる女性サーファー。

ストイックに波乗りする姿をみたらイメージが変わります。

カッコよすぎるサーファーガールの洗練されたサーフィンを観ることができます。

サーファーガールが主役の映画【7選】

ファースト・ラブ FIRST LOVE

原題:ファーストラブ | First Love
舞台:オーストラリア、ハワイ
公開年:2011
監督:クレア・ゴーマン
主演: ジェス・ライン、ニッキ・バン・ダイク、インディア・ペイン、カリッサ・ムーア、ステファニー・ギルモア、アラナ・ブランチャード

3人のガールズサーファーの物語で、この映画はドキュメンタリーです。

オーストラリア・メルボルン郊外にあるフィリップ島のローカルサーファーのお話。

プロサーファーという夢を追いかける姿を描いています。

島を出てハワイに行くと現役の女性プロサーファー達との出会いが待っています。

この映画は優しさと厳しさがリアルに描かれていて、ハウィへの旅を通して夢を追うことの意味を教えてくれます。

ブルークラッシュ Blue Crush

原題:ブルークラッシュ | Blue Crush
舞台:アメリカ
公開年:2002
監督:ジョン・ストックウェル
主演: ケイト・ボスワース、ミシェル・ロドリゲス

世界中のサーファーが憧れる聖地ハワイを舞台にした映画です。

オアフ島ノースショアにあるパイプラインという屈指のサーフポイントの波にチャレンジする姿を描いています。

パイプラインといえば巨大でパワフルな波がチューブを形成することで有名な場所です。

荒々しくも美しい波の映像美は一見の価値があります。

大波にチャレンジするサーファーを描いた作品は多くありますが、ブルークラッシュは主人公の女性サーファーの成長に焦点を当てた印象に残る作品です。

ソウル・サーファー | Soul Surfer

原題:ソウル・サーファー | Soul Surfer
舞台:ハワイ
公開年:2011
監督:ショーン・マクナマラ(Sean Patrick Michael McNamara)
主演:アナソフィア・ロブ(AnnaSophia Robb)

サーフィン中にサメに襲われて片腕を失ってしまった実在する女性プロサーファーのベサニー・ハミルトンの物語です。

「ソウルサーファー」とは元来とくに決まった定義のない言葉です。

どこにでもいて、誰にでもなれて、自由を象徴するイメージです。

が、ひとつだけ圧倒的にほかと違うのは〝波に対する情熱〟です。

有名無名に関わらず波のためなら命をもいとわないストイックなサーファーを意味しているところが多いです。

大きくて良い波のときは決まって海にいる人かもしれませんね。

ステップ・イントゥ・リキッド Step into Liquid

原題:ステップ・イン・トゥ・リキッド | Step into Liquid
舞台:世界
公開年:2011
監督:デイナ・ブラウン
主演:Surfers

エンドレスサマー監督ブルースブラウンを父親に持つデイナブラウン監督の作品です。

著名なサーファーを追いかけた凄すぎる波にチャレンジするサーファー達を追ったドキュメンタリーです。

女性サーファーが主役というわけではありませんが、監督は作品の中で女性サーファーの活躍に注目している点が印象的でした。

男性に負けないほどの実力と勇気を持つガールズサーファー。

その姿を描くことでサーフィンというスポーツへの共感性を高めることに成功していると言えます。

ハートブルー Point Break

邦題:ハートブルー
原題:Point Break
舞台:カリフォルニア~オーストラリア
公開年:1991
監督:キャスリン・ビグロー( Kathryn Bigelow)
主演:パトリック・スウェイジ(Patrick Swayze)、キアヌ・リーブス(Keanu Reeves)、ロリ・リー・ペティ(Lori Lee Petty)

主役のパトリック・スウェイジとキアヌ・リーブスと共に波に乗る女性サーファーが登場します。

映画の中ではサーファーとしての腕前はあまり描かれていませんが、

カリフォルニアの昔ながらのガールズサーファーの姿が印象的です。

スプラウト sprout

邦題:スプラウト
原題:sprout
舞台:世界各地
公開年:2004
監督:トーマス・キャンベル
主演:ジェリー・ロペス、ジョエル・チューダー、ロブ・マチャド、スキップ・フライ、ケリー・スレイターほか

波にのる人のためのサーフィン映画ですが、映像美がすばらして何度でも楽しめます。

カフェやバーなど流れていても自然に溶け込んでしまうような作品です。

サウンドトラックも心地良いです。

登場するサーファーは超一流サーファーばかりですが、全体を通してゆったりとした感じなのが特徴です。

サーファーが波の上で描くライン(マニューバー)が美しいです。

女性サーファーが登場するシーンなどは雰囲気が抜群でした。

きみと、波にのれたら

原題:きみと、波にのれたら
舞台:日本
公開年:2019
監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子

主演(声):片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎

この映画は日本のアニメーション映画です。

アニメとはいえサーフィンするシーンは波乗り経験のある人でも納得いく仕上がりで自然に観れます。

こんなイメージでサーフィンしたいな、と思わせてくれるライディングが描かれています。

物語は4人の主人公が展開するファンタジー感あふれる映画に仕上がっています。

サーファーという孤独な一面を深層心理的に描いた印象に残る作品としておすすめします。

サーフィン映画と音楽【まとめ記事一覧】

サーフィン映画とオススメ音楽について書いた記事をまとめました。